農畜産物

HOME主要農畜産物 > 馬鈴薯(北海道)

馬鈴薯


 北海道大雪山連峰の麓で育つ馬鈴薯は、上川町の特産品です。皆様の食卓へ安心で美味しい馬鈴薯をお届けするため、栽培方法も1本化。作付する畑にもこだわり標高350m〜700mの高地(病害虫が少ない)で低農薬栽培に取り組んでいます。
 大自然の恵みと厳しさで育つ馬鈴薯は、ホコホコした美味しさが特徴です。収穫時期は9月〜10月、主に関東・関西方面へお届けしています。
北海道大雪山連峰

馬鈴薯栽培方法


馬鈴薯定植作業 (馬鈴薯定植作業)
 北海道大雪山連峰の麓では、雪解けを合図に春作業が始まり、5月中旬頃に種イモを定植します。
馬鈴薯開花 (馬鈴薯開花)
 7月中旬頃には、大雪山連峰の麓に馬鈴薯の綺麗な花畑が広がります。
馬鈴薯収穫作業@ (馬鈴薯収穫作業@)
 立派に育った馬鈴薯は、大型機械で収穫されます。
 
馬鈴薯収穫作業A (馬鈴薯収穫作業A)
 収穫した馬鈴薯は、大雪山連峰の麓から選果場まで運びます。
馬鈴薯選果作業 (馬鈴薯選果作業)
 選果場では、綺麗にブラッシングした馬鈴薯を規格選別します。
馬鈴薯箱詰め (馬鈴薯箱詰め)
 規格選別した馬鈴薯を皆様へお届けします。